★4番・中山が今季2本目となるアーチ

☆法政大vs慶應義塾大3回戦

法政大 033 000 020=8
慶應義塾大 000 001 300=4
【法】〇長谷川、内沢、熊谷-鎌倉、中村浩
【慶】●関根、内村、佐藤、菊地、髙橋亮、髙橋佑-郡司
本塁打:法政大・中山《3回2ラン》
慶応義塾大・岩見《6回ソロ》《7回2ラン》

7回4失点で今季2勝目を挙げた法大・長谷川


法大の1勝1分けで迎えた3回戦。前日の試合で逆転勝ちを収めた法大は長谷川裕也(4年・聖望学園)、対する慶大は関根智輝(1年・城東)が先発。2日前の1回戦と同じ両右腕の投げ合いで試合が始まった。

初回はともに三者凡退。しかし2回表に法大が先手を奪う。4番・中山翔太(3年・履正社)、5番・福田光輝(2年・大阪桐蔭)の連打で無死1、3塁のチャンスを作ると、6番・川口凌(3年・横浜)がライトオーバーのタイムリー2塁打。さらに犠打で1死3塁として8番・船曳海(2年・天理)がライト前に綺麗に弾き返し、この回4安打を固めて3点を先制した。

貴重な2ランを放って4番の働きを見せた法大・中山


前日の敗戦で後がない慶大は、直後の2回裏に2四球とヒットで2死満塁とし、9番・関根に早くも代打・植田清太(3年・慶應)を送ったが実らずに無得点。ピンチを切り抜けた法大は、直後の3回表に代わった慶大2番手・内村僚佑(4年・慶應)から、4番・中山が「打ったのはストレート。無心でバットを振った結果です。いいところで打てた」と左中間へ、自身4月9日の早大戦以来となる今季2本の2ラン。さらに2死3塁から鎌倉航(3年・日本文理)のタイムリーを放ち、序盤で6点のリードを奪った。

追いかける慶大は、6回に主砲・岩見雅紀(4年・比叡山)の今季4本目の本塁打で1点を返すと、続く7回には柳町達(2年・慶應)の犠牲フライの後に、岩見が再び左中間スタンドへ2打席連続となる今季5号2ラン。しかし直後の8回表に法大が1死2、3塁から主将・森龍馬(4年・日大三)のタイムリーで貴重な追加点を奪って試合を決めた。

法大は、先発の長谷川が7回を7安打4失点で今季2勝目を挙げ、先週の明大戦に続いての勝ち点獲得。第5週を終えた段階で5チームが勝ち点2で並ぶ大混戦となった。

7回裏、慶大・岩見がこの日2本目のアーチを放って追い上げたが…


◎法政大・青木久典監督

「この勝ちは非常に大きいと思います。もう少し中盤で点を入れられればと思ったが、(8回に)森がさすがキャプテン、いいところで打ってくれた。1戦1戦やっていくごとに、選手の力もそうですけど、チームとして一つになって来ている。そういう結束力がまたバッターの力にもなっている。我々は1戦1戦勝ちに行くしかない。1週空いて、次の東大戦へしっかりと準備して、引き締めて行きたい」

◎法政大・中山翔太内野手(3年・履正社)

「(本塁打は)手応えはあんまり良くはなかったんですけど、両親が観に来てくれていたので、その前で打てたので良かった。昨日ビデオを見て悪かったところを修正して、基本に戻って素直にバットを出すことを心掛けた。(明大、慶大と連続で勝ち点を奪い)僕も含めて、みんな最初は変な硬さがあったんですけど、最初に2つ落としたことで逆に開き直れて、いつもの力が出せている。まだ優勝の可能性は残っているみたいなので、モチベーションを下げることなくやっていきたい」