ボルダリングワールドカップ(W杯)八王子大会が開催中だ。5月7日9時から男女それぞれの準決勝が行われ、日本代表勢は5名が決勝へ進んだ。

東京のエスフォルタアリーナ八王子(八王子市総合体育館)で6日に開幕した同大会。ボルダリング強豪国として知られる日本は、男子8名、女子4名の代表選手が準決勝で戦った。

準決勝進出者のうち、決勝に進めるのは上位6名。男子は先週のW杯中国・南京大会で初優勝を遂げて勢いに乗る渡部桂太が唯一、4つの課題すべてを制してトップ通過で決勝進出。3位に石松大晟(たいせい)、4位に楢崎智亜(ともあ)が続いた。

女子は2位に野口啓代(あきよ)、4位に野中生萌(みほう)が入っている。

渡部桂太選手
石松大晟選手
楢崎智亜選手
野口啓代選手
野中生萌選手
決勝は女子が7日14時30分にスタート、男子が15時50分にスタート。決勝の模様はYouTubeでのライブ配信も行われる。

●男子決勝進出者
1位:渡部桂太(4t13 4b6)
2位:アレクセイ・ルブツォフ(ロシア、3t3 3b3)
3位:石松大晟(3t4 4b14)
4位:楢崎智亜(3t5 4b4)
5位:ヤコブ・シューベルト(オーストリア、3t5 4b5)
6位:ミカエル・マウム(フランス、2t2 4b4)

●女子決勝進出者
1位:ヤンヤ・ガルンブレット(スロベニア、4t8 4b6)
2位:野口啓代(4t8 4b7)
3位:ファニー・ジベール(フランス、3t3 4b4)
4位:野中生萌(3t8 4b6)
5位:ショウナ・コクシー(英国、3t9 4b5)
6位:ペトラ・クリングラー(スイス、2t7 4b5)

ボルダリングワールドカップ八王子大会、準決勝の課題に挑む渡部桂太(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ボルダリングワールドカップ八王子大会、準決勝の課題に挑む渡部桂太(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ップ八王子大会、準決勝の課題に挑む石松大晟(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ップ八王子大会、準決勝の課題に挑む石松大晟(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ップ八王子大会、準決勝の課題に挑む楢崎智亜(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ップ八王子大会、準決勝の課題に挑む楢崎智亜(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ップ八王子大会、準決勝の課題に挑む野口啓代(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ップ八王子大会、準決勝の課題に挑む野口啓代(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ップ八王子大会、準決勝の課題に挑む野中生萌(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行

ップ八王子大会、準決勝の課題に挑む野中生萌(2017年5月7日)撮影:五味渕秀行