★「彼は考える能力、復習能力がある子」(法大・青木監督)

☆法政大vs明治大1回戦
法政大   010 000 010=1
明治大   000 000 000=2
【法】長谷川、熊谷—鎌倉
【明】齊藤、三輪、石毛—氷見、清水風
二塁打:法政大・福田、明治大・添田

ここまで2カードずつを終え、4連勝で首位を走る明大と、逆に1分4敗で5位に甘んじている法大との1回戦。この試合では、今季初先発となった法大のアンダーハンド・長谷川(4年・聖望学園)のピッチングが冴えた。

7回1失点でリーグ戦初勝利の法大・長谷川=神宮球場

 
 2回表に二死一・二塁から8番・船曳(2年・天理)が放った適時打で1点の援護をもらった長谷川は、120㌔台後半で浮き上がるストレートを内外角・高低自在に投げ分けつつ、球速帯の同じシンカーも織り交ぜる心憎い投球を展開。7回表に二死二塁から代打・添田(2年・作新学院)の中越二塁打で同点に追いつかれたものの、強打を誇る明大打線を7回89球でわずか4安打に封じ、6奪三振を奪う素晴らしい内容だった。

2回表に先制適時打を放った船曳 海(法大2年・天理)=神宮球場

 一方、明大の侍ジャパン大学代表候補・絶対的エースの左腕・齊藤(4年・桐蔭学園)も3安打を浴びた2回を除いては安定した投球で0を並べてきたが、8回表に法大・青木久則監督が先発・長谷川を降ろしてまで送り込んだ代打・福田(2年・大阪桐蔭)に喫した二塁打をきっかけに背負った一死三塁のピンチで痛恨の暴投。これで再び勝ち越した法大は、残り2回をエース・熊谷(4年・平塚学園)が締めて、明大に初黒星を付ける今季初勝利。法大・長谷川は4年春にして嬉しいリーグ戦初勝利をあげた。

8回2失点の力投も実らなかった齊藤 大将投手(明大4年・桐蔭学園)=神宮球場

◎法政大・青木久典監督
「まずは1勝しようと話して試合に臨んだので勝利できてよかったです。(先発・長谷川について)今日は声を掛けたら逆に緊張するかなと思ったので声を掛けずに送り出しました。彼は考える能力、復習能力がある子で昨オフからやってきた成果がでたのではないかと思います。ただ、チームとしては課題もミスもあったのでしっかり気を引き締めてやっていきたいと思います」

◎法政大・長谷川裕也投手(4年・聖望学園)
「(4年春でのリーグ初勝利は)これまで長かった分素直に嬉しいです。今日は三振を取ろうというつもりはなく打者を打たせてとる緩急をつけた投球ができたと思います。冬からウエイトとレーニングに励んできて、粘りの力が付いたことが、今日に活きたと思います。(8回に代打・福田を送られたことについて)監督さんに『お前に勝たせてやりたい』といわれたので福田に任せました。結果的に点数が入りよかった。今後も4年生の自覚と責任をもって頑張りたいと思います」