※掲載期限切れのため動画は削除しました

4月25日ヴィクトリアシリーズ第6戦、京都フローラ VS 兵庫ディオーネは、昨日に引き続き一宮市営球場で行われた。

投手戦となった今回の試合、両チーム先発ピッチャーは兵庫ディオーネは泉、京都フローラは小西。

4回まで、両投手ランナーを背負うも完璧なピッチングで無失点に抑える好投を見せる。

試合が動いたのは5回。
1アウト一、三塁の場面でフローラ9番・田口がスクイズ成功で、1-0と先制する。

しかし6回裏、今度はディオーネがチャンスを作る。
1アウト一、三塁とし、6番寺部がフローラ2番手ピッチャー・長尾からライトオーバーのタイムリースリーベースヒットで2-1と逆転。
その後、代打・山崎がレフトへ犠牲フライを放ち、3-1と追加点を奪う。

7回、フローラの攻撃をディオーネ・泉がきっちり抑え、試合終了。

第6戦、京都フローラ VS 兵庫ディオーネは3-1で兵庫ディオーネが勝利した。

ヴィクトリアシリーズ第5戦、兵庫ディオーネ・里がリーグ最小投球数で完封した試合はこちら!