「大相撲初場所・7日目」(15日、両国国技館)

 人気業師の宇良(木瀬)が北勝富士(八角)を押し出して3勝目を挙げた。

 宇良は持ち前の低い当たりから、右から絞りつつ、肩すかしを織り交ぜて勝機をうかがう。

 相手の北勝富士は過去2戦ともに敗れていることを意識してか、宇良の出方をうかがう形になり、馬力を生かせない。結局、低い姿勢からそのまま前に出た宇良が、押し切った。

 決着の瞬間は、相手の左膝裏に手をかけながら前に出ており、業師ぶりをにじませていた。