阪神・梅野隆太郎捕手(30)が15日、沖縄県内のグラウンドで自主トレを公開し、オンライン取材に応じた。打撃の強化を目指し、南国の地で鍛錬を重ねており「自主トレのこの期間を有意義にしてしっかりと大切に時間を使っていけたら」と言葉に力を込めた。

 今季のチームスローガン「イチにカケル!」にちなみ、こだわりたい“イチ”として挙げたのは優勝の2文字。「もちろん目指すのは優勝しかない。1位というところを目指してやりたいな」と力強く言い切った。

 自身の成績としては「個人的にも数字をもちろん打撃、守備と上げていきたい」と決意。さらに、捕手は投手との共同作業も必要ともなるだけに「捕手としてピッチャーの成績もこだわっていく」と勝てる、勝たせる捕手としてけん引していくことも約束した。

 同学年の岩崎、そして後輩の大山と例年通り行う自主トレだが、今年からは新たに小野寺や小川もメンバーに加わった。小野寺や小川には先輩選手から学ぶ、聞くことの大切さも伝えたという。この日は打撃やキャッチボールなどで約5時間、調整に励んでいた。