スポーツクライミングの2022年シーズンは、2月5、6日の第17回ボルダリングジャパンカップ(三重・四日市)で幕を開ける。2月12~14日には第35回リードジャパンカップ(千葉・印西)も予定されており、2週続けて日本代表選考を兼ねるその種目の日本一決定戦が開催される。

 4月に入るとロシア・モスクワでW杯が開幕。スピード、ボルダリング、リードの各種目で全7戦を行い、10月までに日本を含めた11カ国を巡る。10月6~9日には2024年パリ五輪での実施種目、ボルダリング・リードの2種目複合フォーマットによるW杯が中国・重慶で予定されている。次の五輪を見据えた各選手の新たな戦いがスタートする2022年。今シーズンも見逃せない戦いが続く。

2022シーズン 主要大会スケジュール

2/5~6
第17回ボルダリングジャパンカップ(B)三重・四日市

2/12~14
第35回リードジャパンカップ(L)千葉・印西

3/6
第4回スピードジャパンカップ(S)京都・亀岡

4/1~3
W杯スピード第1戦/ボルダリング第1戦(S・B)ロシア・モスクワ

4/8~10
W杯ボルダリング第2戦(B)スイス・マイリンゲン

4/29~5/1
W杯ボルダリング第3戦(B)日本・開催地未定

5/6~8
W杯スピード第2戦/ボルダリング第4戦(S・B)韓国・ソウル

5/20~22
W杯ボルダリング第5戦(B)米国・ソルトレイクシティ

5/27~29
W杯スピード第3戦/ボルダリング第6戦(S・B)米国・ソルトレイクシティ

6/22~25
W杯リード第1戦/ボルダリング第7戦(L・B)オーストリア・インスブルック

7/1~3
W杯スピード第4戦/リード第2戦(S・L)スイス・ヴィラール

7/8~10
W杯スピード第5戦/リード第3戦(S・L)フランス・シャモニー

7/22~23
W杯リード第4戦(L)フランス・ブリアンソン

8/22~31
世界ユース選手権(S・B・L)米国・開催地未定

9/2~3
W杯リード第5戦(L)スロベニア・コペル

9/24~26
W杯スピード第6戦/リード第6戦(S・L)インドネシア・バリ

9/30~10/2
W杯スピード第7戦/リード第7戦(S・L)中国・呉江

10/6~9
W杯ボルダリング・リード2種目複合(C)中国・重慶

※S=スピード、B=ボルダリング、L=リード、C=コンバインド
※スケジュールや開催地は暫定で、予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮

※当サイト内の記事・テキスト・写真・画像等の無断転載・無断使用を禁じます。