IFSCワールドカップ・ボルダリングシリーズ開幕戦が4月7〜8日、スイスのマイリンゲンで開催された。

男子は2016年W杯総合2位の藤井快が激戦を制し優勝。今大会が初の決勝進出となった渡部桂太も3位に入る活躍を見せた。

女子は去年W杯総合2位の野中生萌が3位に入り、「去年の初戦が14位で悔しかった。今回は初戦から表彰台に乗れてすごく嬉しい」と笑顔で話した。

次戦のIFSC第2戦は4月22〜23日、中国・重慶で「ボルダリング」「スピード」の2種目が開催される。

その他、ハイライト動画はこちら(https://sportsbull.jp/climbingtv/