攻撃力不足の外野陣“空白”埋める存在として期待

 西武は26日、新外国人として元パドレスのブライアン・オグレディ外野手を獲得したと発表した。渡辺久信GMは「外野の一角を担い、チームの優勝に貢献してほしい」と補強の狙いを話している。

 オグレディは右投げ左打ちの29歳。今季はパドレスで32試合に出場し打率.157、2本塁打。ただ3Aエルパソでは74試合で15本塁打しており、2019年にはレッズ傘下3Aルイビルで28本塁打。長打力も併せ持つと判断しての獲得だ。

 渡辺GMは「タイプ的には中距離ヒッターですが、一発の魅力もあります。ライオンズでは外野の一角を担い、チームの優勝に貢献してほしいと思います」とコメント。外野の一角を掴んで欲しいとの強い希望を示した。

 現レッズの秋山翔吾の退団以降、西武は外野陣の打力不足が顕著になっている。今季は愛斗の96試合を筆頭に金子と岸が93試合に出場、ベテラン栗山も51試合で守備に就いたが100試合以上出場した選手がいなかった。空白を埋めてくれる選手と期待しての獲得だ。

 西武はこのオフ、外国人選手の総入れ替えを敢行した。22日にはディートリック・エンス投手の獲得を発表しており、最下位脱出からの編成は先手を打って進められている。(Full-Count編集部)