野口氏「若手の思い切りの良さ、勢いを買ったのでしょう」

■オリックス 6ー5 ヤクルト(日本シリーズ・25日・東京ドーム)

 オリックスは25日、東京ドームで行われたヤクルトとの「SMBC日本シリーズ」第5戦を壮絶なシーソーゲームの末に6-5で制し、対戦成績を2勝3敗とした。ヤクルトに王手をかけられて迎えた崖っぷちの試合をしのぎ切った。プロ3年目の20歳、太田椋内野手が「8番・二塁」で日本シリーズ初出場。同点の7回に勝ち越し三塁打を放つなど4打数2安打1打点の活躍でチームを救った。

 土俵際に追い込まれた中嶋聡監督は、若武者に賭けた。クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズを通じてスタメン二塁を務めてきた33歳のベテラン・安達をシリーズ打率.091の不振をうけてベンチ入りメンバーからも外し、代わりに太田を起用した。

「もともと若手の躍進がなければ、昨季まで2年連続最下位のオリックスがリーグ優勝を果たすことはできなかった。そういう経緯もあって、後がない状況で若手の思い切りの良さ、勢いを買ったのでしょう。今季を象徴するような勝ち方でした」。こう解説するのは、現役時代にヤクルト、日本ハムなど4球団で捕手として活躍した野球評論家・野口寿浩氏だ。

 太田はロッテとのCSファイナルステージでも、代走で1度出場しただけだった。それでも5回の第2打席では、ヤクルト先発・原の内角高めシュートにバットを折りながら、しぶとく左前へポテンヒット。2-2の同点で迎えた7回1死二塁の好機で、今シリーズ絶好調のヤクルト3番手・石山から右中間を破る勝ち越し三塁打。塁上でガッツポーズを見せた。初球の外角低めいっぱいの147キロ速球を見送った後、2球目の外角スライダーを一振りで仕留めた。

太田は今季、開幕先発出場果たすも53試合出場にとどまった

 オリックスは続く代打モヤも右前適時打。8回にも伏見の適時二塁打で加点。その裏、山田に3ランを浴び、いったんは追いつかれたものの、9回先頭の代打ジョーンズが左翼席中段へ決勝ソロを放り込み決着をつけた。大接戦の中で、太田の適時三塁打もオリックスに流れを呼び込む値千金の一打だったと言える。

 今年2月に20歳となった太田は、3月26日の今季開幕戦をスタメン「2番・二塁」で迎えた。1歳下の19歳で同様にスタメン遊撃で起用された紅林弘太郎内野手との二遊間は、新生オリックスを象徴していた。しかし、紅林が規定打席数をクリアして2桁の10本塁打を放ち、ポストシーズンでもスタメン出場を続けているのに対し、太田は5月中旬から9月中旬まで2軍暮らし。1軍では53試合出場、打率.172、3本塁打9打点にとどまった。後輩の後塵を拝し、このままでは終われなかったはずだ。

 野口氏は3月のオープン戦期間中に中嶋監督と顔を合わせた際、「楽しみな若手がたくさんいるじゃないですか」と声をかけた。指揮官は「いやあ、どれだけ当たることか……」と苦笑していたというが、紅林と同学年の20歳で今季13勝、防御率2.51(いずれもリーグ2位)をマークした宮城大弥投手を含め、若手の奮闘がオリックスにとって大きな推進力となってきたことは間違いない。

 息を吹き返した猛牛軍団。地元ほっともっとフィールド神戸で27日に行われる第6戦の先発は、エース山本。第7戦には宮城が控え、逆転日本一へのシナリオは出来上がった。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)