日本随一のヘビー級戦士である武蔵が来年2月12日、東京・豊洲PITで格闘技とロックを融合した「MUSASHI ROCK FESTIVAL」を開催することが26日までに決定した。

 武蔵は、K―1を引退した2009年10月にZEPP TOKYOで「MUSASHI ROCK FESTIVAL」を開催。通称「ムサフェス」と呼ばれたイベントは、格闘技とロックという過去に類を見ないテーマの画期的なイベントとなった。さらに引退から10年を迎えた2020年に再び同イベントを開催し、武蔵らK―1レジェンドたちのスピリットを受け継いだT―98、麻原将平、山下力也ら期待のホープたちが激闘を展開。さらにライブステージでも、「coldrain」「Do As Infinity」「OLEDICKFOGGY」「SEX MACHINEGUNS」「10―FEET」の5組が出演し、ロックファンたちをうならせた。

 こうした歴史を受け継いだ今回のイベントでは、バトルステージでは、K―1レジェンドのスピリットを引き継いだファイターによる試合(K―1ルール)を予定。現段階では麻原将平(PFP)、山下力也(道真会館)が出場する。ライブステージでは第一弾アーティストとして「Crossfaith、a crowd of rebellion」の出演が決定した。今後追加出演アーティストも発表されていく予定となっている。

 武蔵は「ムサフェス」開催に「来年2月12日にテレ・マーカーpresents MUSASHI ROCK FESTIVAL2022を開催します!世の中がコロナウィルス等で大変な状況の中で開催することを正直かなり迷いました。前回はK―1の戦友であるアーネスト・ホーストやピーター・アーツもそれぞれの弟子や推薦選手を引き連れて参戦してくれましたが今回は難しい」とした上で「かなりみんなと色々話し合いながらすすめてきました。僕には近い将来、K―1の戦友にみんな集まってもらってビッグイベントをやるという目標があります!なので2021年は開催できませんでしたが2022はそのためにもやると決めました!今回のムサフェスに参戦してくれるアーティスト、ファイターには心から感謝します!」とコメントを寄せた。