「日本シリーズ・第5戦、ヤクルト-オリックス」(25日、東京ドーム)

 ヤクルト・山田が八回に起死回生の同点3ランを放った。今シリーズは不調に苦しんでいたが、待望の1号となった。

 3点を追う八回、連続四球で無死一、二塁。苦しいマウンドとなったヒギンスが3-1から投じた変化球を完璧に仕留め、左翼席へ特大アーチを放った。

 打った瞬間に確信する一発にガッツポーズの山田。東京ドームはヤクルトファンの大歓声に包まれた。

 山田は「打ったのはチェンジアップ。3点差ありましたが、チーム誰一人あきらめず何とかしようという気持ちがありましたし、そのみんなの気持ちが後押ししてくれました。最高の結果になりましたが、まだ同点なので最後まで攻める気持ちでいきます」とコメントした。