◆大相撲九州場所12日目(25日、福岡国際センター)

 一人横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、先場所不覚を取った相手の関脇・明生(立浪)を掛け投げで退け、12連勝とした。大関・貴景勝(常盤山)は、平幕・高安(田子ノ浦)を送り出しで下し、1敗を守った。

 単独全勝は照ノ富士で、1敗は貴景勝と平幕・阿炎(錣山)の2人のまま変わらず。13日目は阿炎と貴景勝の一番が組まれ、照ノ富士は関脇・御嶽海(出羽海)戦に臨む。

 2敗だった御嶽海と平幕の玉鷲(片男波)と北勝富士(八角)の3人はいずれも敗れ、3敗に後退した。