セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、代表活動から復帰した古橋亨梧について語った。英紙『The SUN』のスコットランド版が報じている。

 今夏にヴィッセル神戸からスコットランドの名門へ加入した日本代表FWは、公式戦11試合で8得点とゴールと、まさに大車輪の働きを見せている。ただ、先月には日本代表として戦った中国戦で負傷し、3週間ほど戦線離脱を余儀なくされていただけに、元オーストラリア代表指揮官は今回の代表遠征でも気が気でなかったようだ。

 日本と戦った母国が1-2で敗れたことには落胆しながらも、古橋と、オーストラリア代表として先発したトム・ロギッチの無事に安堵の思いを口にしている。

「最も重要だったのは、この休暇(代表ウィーク)を乗り切り、全ての選手が無事に戻ってくることだった。前回の国際試合は、控えめに言っても我々には優しくなかったので、今回はとても安心している。私は日本で行なわれたオーストラリア戦を、たくさんのロウソクを灯しながら観戦し、時々祈りを捧げていた。

 オーストラリアは試合に負けてしまったが、彼らが無傷で済んだことを嬉しく思うよ。私は今でも(オーストラリア代表の)ファンであり、国が順調に戦い、ワールドカップの出場権を得ることに強い関心を持って観戦している」

【動画】抜群の得点感覚は健在!古橋が胸で奪った負傷からの復帰後初ゴール

 そのうえで、「キョウゴが日本代表のスターティングメンバーに入っていなかったとき、私が喜んだことは間違いない」と、クラブを指揮する身として率直な思いを明かしたポステコグルー監督は、日豪のアタッカーの現状をこう明かしている。

「トミーが問題なくジョギングしているのを見たのが、一番の喜びだったかもしれない。トミーはもう何年もやっているので、自分の身体のことや対処法を知っている。キョウゴは水曜日に戻ってきて、軽いセッションを行ない、金曜日にはより激しいセッションを実施した。2人とも元気で、準備万端だ」

 セルティックは16日のマザーウェル戦を皮切りに、今後23日間で7試合という過密日程を戦う。ここでもポステコグルー監督は選手たちの無事を祈るばかりだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】移籍直後から得点量産中!スコットランドの強豪セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち