「フェニックス・リーグ、阪神-西武」(14日、南郷スタジアム)

 阪神の村上頌樹投手が1軍へ昇格する見込みとなった。13日の1軍・巨人戦(東京ドーム)では、先発・西勇が二回途中で緊急降板となっていた。その代役として、白羽の矢が立った可能性がある。

 この日のフェニックス・リーグ、西武戦(南郷)に帯同しておらず、東京へ向かったと見られる。予定では16日の同・ヤクルト戦(西都)で先発だった。

 右腕はウエスタン・リーグで最多勝(10勝)、最優秀防御率(2・23)、最高勝率(・909)の投手3冠を獲得。9日のファーム日本選手権・ロッテ戦では先発し、6回2失点と試合を作った。

 ただ、1軍では今季2度先発し、0勝1敗、防御率16・88と結果を残せていない。残り9試合となった中、1軍での快投が期待される。