<とっておきメモ>

<巨人2-2阪神>◇13日◇東京ドーム

坂本誠志郎捕手(27)が4回に今季初本塁打となる同点ソロを放った。

   ◇   ◇

坂本には履正社高時代の忘れられない記憶がある。

「ある時、部員のお母さんたちが雑談の中で『誠志郎くんのユニホームが一番きれいよね』っていう話になったらしくて。それを伝え聞いた時はうれしかったですね」

高校3年間は学校近くの豊中市内で1人、下宿生活を送った。夜のうちに泥だらけのユニホームを洗濯し、乾いた物を朝畳んで学校に向かう毎日。いつだって準備に手を抜かない姿勢はプロ入り後も変わらない。

東京五輪金メダリストでもある梅野がチームメート。先輩の陰に隠れ、今季も出番は決して多くない。それでも、一番乗りでスコアラー室に顔を出す。地道で泥臭い日々が、数少ない出場機会で自信となり、背中を押してくれている。【遊軍=佐井陽介】