山形県酒田市でボルダリングスペース「ペトリコール」が先月オープンした。

 以前あったボルダリングジム「キイストーン酒田店」を改装して誕生したペトリコールは、その作業のほとんどをオーナーや知人、お客さんらで行ったという手作りのジムで、建物の古さと新たに作り上げた部分が融和し、どこか懐かしく落ち着いた空間に仕上がっている。オープニングセットは著名クライマーの野村真一郎、島谷尚季が手掛け、8級から三段まで計50課題が取り付けられた。

 「ペトリコール」は「石のエッセンス」という意味を持つ。ジムを利用する方々が店名の由来のように大切な要素となり、新たな繋がりが誕生するようにと「ボルダリングスペース」を冠にした。「みなさんの手で作り上げたジムだからこそ、今後ご利用くださる方も含め、自分のジムだと思って利用してほしいと思っています」と話すオーナーのもと、一人一人が笑顔になれる場所を目指していく。

CREDITS

編集部

※当サイト内の記事・テキスト・写真・画像等の無断転載・無断使用を禁じます。