今回は東京五輪スポーツクライミング女子の銅メダリスト・野口啓代さんのオンラインインタビューをお届け!
メダル獲得から約2ヶ月。現役を退いたばかりのトップクライマーに迫る1時間!

11歳から始めたスポーツクライミングの競技人生を終えた野口啓代さん。
引退の場として選んだ東京五輪。切磋琢磨してきた野中生萌選手との舞台裏であった出来事を今だからこそ話してくれた。
また、野口さんが撮った東京五輪での思い出の写真を披露。MCのDJケチャップを泣かす理由とは⁉︎
「#教えて啓代ちゃん」と題し、ファンから募集した質問にも回答。
これからの”野口啓代”、スポーツクライミングへの思いを熱く語る!!

■野口 啓代(のぐち・あきよ)
小学5年生でクライミングに出会い、わずか1年で全日本ユース選手権優勝。2008年にはボルダリングW杯で日本人女性として初優勝。翌2009年には年間総合優勝、その快挙を2010年、2014年、2015年と4度獲得し、ワールドカップ優勝も通算21勝を数える。2018年にはコンバインドジャパンカップ、アジア競技大会で金メダル。現役引退の舞台と公言した東京2020で銅メダルを獲得。

■DJケチャップ(MC)
お笑い芸人として培ったトーク力を武器に、スポーツDJ、スタジアムDJ、ラジオパーソナリティなど幅広い分野で活躍中。マラソンや駅伝などのランニングイベントでは、累計300大会以上にて、大会DJだけでなく演出までを担当する。近年は楽天ジャパンオープンテニスや、侍ジャパン野球日本代表試合など国際大会のトーナメントDJも務める。

スポーツブルアプリのダウンロード

iOSはこちら

Androidはこちら