<欧州チャンピオンズリーグ:チェルシー1-0ゼニト>◇1次リーグH組◇14日◇ロンドン

チェルシー(イングランド)が7年ぶりに古巣に復帰したベルギー代表FWロメル・ルカク(28)のゴールでゼニト(ロシア)に勝利。欧州チャンピオンズリーグ(CL)連覇へ向けて白星スタートを切った。

圧倒的に攻めながら0-0で迎えた後半24分、スペイン代表DFアスピリクエタの右後方からのクロスを、ルカクが打点の高い超絶のヘディングでゴールにたたき込んだ。

マン・オブ・ザ・マッチに輝いたルカクは「タフな相手との難しい試合だったけれど勝ててうれしい。試合もうまくコントロールできていた。5バックのチームと戦うのには慣れているし、セリエAでも5バックのチームは多かった。だからハーフタイムにサイドからの攻撃を増やそうと確認した。アスピリクエタのクロスは素晴らしかったから、タイミングを合わせて飛ぶだけだったよ」と話した。