バレーボールV2男子のサフィルヴァ北海道は12日、札幌市内でV1サントリーから期限付き移籍したOH鳥飼亜斗夢(あとむ、25)の入団会見を行った。身長195センチ、最高到達点340センチを誇る新大砲候補は「自分がチームの主軸、エースになるつもりで臨みたい」と力を込めた。

 福岡県出身で福岡三筑中3年時に全国中学出場、筑紫台高を経て東亜大に進んだ。全日本インカレでは4年連続で16強入りに貢献。19年にサントリー入りした。目標にする選手は、昨季サントリーを14季ぶりV1制覇に導いた元日本代表主将のOH柳田将洋(29)。「チームをまとめる力、状況判断を学んだ。このチームで生かし、バレーキャリアに上乗せしたい」。サントリーからは今季、昨季サフィルヴァでプレーしたMB柏田樹(23)がライバルのヴォレアス北海道に期限付き移籍。鳥飼は「負けないプレーをし、目標のV1昇格に貢献したい」と誓った。(小林 聖孝)