ラグビーで来年1月に開幕する新リーグ「リーグワン」のNECグリーンロケッツ東葛は9日、横浜キヤノンイーグルスを退団していたSH田中史朗(36)の加入を発表した。オンライン会見で田中は「僕が入ったからには選手にプロ意識を持ってもらい、勝つ集団を作りたい」と意気込んだ。

 経験は十分だ。07年に三洋電機(現埼玉パナソニック)入りし、13年からはハイランダーズの一員としてスーパーラグビーで日本人初のプレー。日本代表75キャップ、W杯に3大会連続で出場した。子どもたちやチームメートに最も伝えたい思いは「努力すること」。そのためにも「まだ日本代表をあきらめていない」と向上心も尽きていない。

 NECは昨季リーグ未勝利に終わったが「リーグワン」1部入り。「自分が嫌われてもチームに勝つ意識を言い続けたい」。ベテランSHが低迷するチームを変える。