「高校野球埼玉大会・5回戦、昌平8-7武南」(22日、レジデンシャルスタジアム大宮)

 昌平がサヨナラ勝ちでベスト8に駒を進めた。昌平・黒坂洋介監督は「しびれる試合だった。最後は(選手たちが)意地を見せてくれた。大会を通じながら、選手の成長を感じられている」と話した。

 プロ注目の昌平・吉野創士外野手(3年)が5打数2安打2打点と活躍した。

 初回1死二塁から甘く入ったスライダーを左翼席に先制2ラン。高校通算56号を放った。吉野は「まだ試合は終わっていなかったので」と試合開始間もない一発を放ったが、表情変えず生還した。

 試合は武南が1点リードの展開で九回裏を迎えた。先頭は吉野。イニング前に指揮官は選手たちに「ここまで来たら形より気持ちで。心は熱く、頭は冷静に」と伝えた。打席に入る前、吉野は胸に手を当て心を落ち着かせた。

 2球目、捉えた打球はスタンドへ。だが、惜しくもファウルとなり、審判に「巻いていませんでしたか」と笑顔で言葉を交わす余裕があった。追い込まれていたが、「追い込まれたら、追い込まれるだけ楽しめるタイプ」と二塁打を放ち、ベンチに向かい拳を突き上げた。

 その後はスクイズで同点の生還を果たした吉野。最後は大園のホームスチールでサヨナラ勝ちを決めた。吉野は「接戦をモノにできたのは大きい。この試合を忘れずにこの先もやっていきたい」と表情を引き締めた。