米女子プロゴルフツアーの海外メジャー第4戦・エビアン選手権は22日から4日間、フランス・エビアンリゾートGC(6523ヤード、パー71)で開催される。

 オーガスタ・ナショナル女子アマチュア選手権(4月、米国)を日本人で初制覇した、主催者推薦で出場の梶谷翼(兵庫・滝川二高3年)は21日、「予選を通過して上位に行けたらいいですけど、結果だけではなく、たくさん学んだり経験ができると思う。楽しみながらベストを尽くせたら」と抱負を語った。

 6月の全米女子オープン(予選落ち)に続く2度目のメジャーとなり、「メジャー大会にこんなに出られるとは思っていなかった。すごくうれしいのと、あとはしっかり勉強して経験として今後の糧にできたらいい」と前向きに語った。

 全米女子オープンでは笹生優花、畑岡奈紗の優勝争いを観戦したといい、「パワーが全然違い、ラフからでも普通にグリーンを狙って打っていた。その差がすごく大きいなと思った。もし自分があの場面でプレーオフをしたとしてもメンタル的に負けてしまうので、メンタルをもっと鍛えないと勝てないなというのもすごく思った」と刺激を受けた。

 予選ラウンドではエリザベス・ゾコル(米国)、オー・スヒョン(豪州)と同じ組に。初日は現地時間午後2時3分(日本時間同日午後9時3分)にスタートする。