ジャパンラグビートップリーグが16日、都内で新リーグ発表会見を行った。名称は「ジャパンラグビーリーグワン」に決まり、22年1月7日に開幕する。

 チーム名と各部の振り分けも発表され、埼玉ワイルドナイツ(パナソニック)などが12チームの1部入り。2カンファレンス制でホスト&ビジターの各6チーム総当たり2回戦を実施。交流戦1回戦も含め、最終順位を決定し、上位2チームは海外勢とのクロスボーダーマッチの出場権を得る。森重隆理事長(69)は「メイドインジャパンで世界一を目指したい」と意気込んだ。