JMSCA(日本山岳・スポーツクライミング協会)は8日、オーストリア・インスブルックで6月23日~26日(現地時間)に行われるクライミングW杯リード第1戦、ボルダリング第4戦に派遣する日本代表メンバーを発表した。

 男女計20名がリストに名を連ね、男子は田中修太、樋口純裕、百合草碧皇、吉田智音、女子は阿部桃子、柿崎未羽、倉菜々子が今季初出場。そのうち百合草、吉田、阿部、柿崎はW杯デビューを飾る。吉田は今年のリードジャパンカップで初優勝した17歳の注目株だ。

 リード、ボルダリングともにエントリーした東京五輪代表の楢崎智亜、原田海、野口啓代、野中生萌は五輪前最後の国際大会出場となる見込み。今回発表された日本代表選手は以下の通り。

クライミングW杯2021 インスブルック大会派遣選手

[男子]
天笠 颯太(20/日本大学)/L・B
田中 修太(21/神奈川大学)/L
楢崎 智亜(24/TEAM au)/L・B
原田 海(22/日新火災)/L・B
樋口 純裕(28/佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)/L
藤井 快(28/TEAM au)/L・B
百合草 碧皇(18/早稲田大学)/L・B
吉田 智音(17/奈良県立青翔高等学校)/L
緒方 良行(23/ホリプロ)/B
杉本 怜(29/北海道山岳連盟)/B
高田 知尭(26/鳥取県山岳・スポーツクライミング協会)/B
渡部 桂太(27/住友電装)/B

[女子]
阿部 桃子(18/相模女子大学)/L
伊藤 ふたば(19/TEAM au)/L・B
柿崎 未羽(17/明法高等学校)/L
野口 啓代(32/TEAM au)/L・B
野中 生萌(24/XFLAG)/L・B
石井 未来(20/愛知県山岳連盟)/B
倉 菜々子(21/愛知県山岳連盟)/B
中村 真緒(21/青山学院大学)/B

※左から氏名、年齢、所属先、出場種目
※出場種目はL=リード、B=ボルダリング

CREDITS

編集部 /

写真

© 2021 Jan Virt/IFSC

※当サイト内の記事・テキスト・写真・画像等の無断転載・無断使用を禁じます。