JMSCA(日本山岳・スポーツクライミング協会)は8日までに、岩手県盛岡市で6月18日(金)~19日(土)に行われる「第4回コンバインドジャパンカップ」の大会2日目を有観客で開催すると発表した。

 観客数は100名までの上限を設け、入場には健康管理アプリ「Metell」での事前登録、健康状態記録および抗原検査による新型コロナウイルス陰性証明が必要になる。Metellでの記録は8日(火)分からの入力が求められ、アプリ内の観戦者向けグループが100名に達した時点で登録終了となる。

 大会はボルダリング・リードの2種目コンバインドで実施され、有観客となる19日には男女決勝が予定。前日の18日には予選、ならびに同時開催されるスピードジャパンオープンの予選・決勝が行われる。

有観客の詳細はこちら

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮

※当サイト内の記事・テキスト・写真・画像等の無断転載・無断使用を禁じます。