7日、カタールW杯アジア二次予選のタジキスタン戦が大阪のパナソニックスタジアム吹田で行われ、日本代表が4対1で勝利。二次予選全勝を維持した。

6連勝で最終予選進出を決めている日本。対するタジキスタンは3勝2敗1分けで2位。前回の対戦(アウェイ)では、南野の2ゴールを含む3対0で勝利している。

日本のスタメンはGK権田修一、最終ラインは右から山根視来、中谷進之介、昌子源、佐々木翔。ダブルボランチに川辺駿、橋本拳人。右に古橋亨梧、トップ下に南野拓実、左にキャプテンマークを巻いた原口元気。ワントップに浅野拓磨が入る、4-2-3-1でスタートした。

試合は開始から日本が攻めたてる。前半6分、浅野が最終ラインの裏に抜け出してシュート。GKが弾いたボールを古橋が左足で押し込み、早い時間に先制する。

しかしタジキスタンも意地を見せる。前半9分、右サイドから精度の高いクロスを送り、中央のパンシャンベがヘディングシュート。鮮やかにゴールに突き刺し、日本は二次予選7試合目にして初の失点を喫してしまった。

同点以降、膠着状態が続いたが、前半40分に古橋が右サイドからクロスをあげると、ニアサイドに走り込んできた南野が左足で流し込み、技ありゴールで勝ち越し。エースのW杯予選タイ記録となる、7戦連続弾でタジキスタンを突き放す。

後半から原口、南野に替えて、坂元達裕、鎌田大地を送り込む。すると後半6分、山根のグラウンダーのクロスに、橋本が右足ダイレクトであわせ、ゴール左に流し込んだ。

鎌田が前線でボールキープすることでチャンスが生まれ、日本がリズムよく攻め立てる。後半17分には佐々木に替えて小川諒也を投入。後半23分には橋本に替えて守田英正が入った。

後半25分、GKのパスミスを見逃さなかった川辺が右足で無人のゴールに蹴り込んで4点目。後半29分には浅野に替えて谷口彰悟が入った。

最後まで集中を切らさず、ゴールを目指した日本。4対1でタジキスタンに完勝、今大会初失点は喫したものの二次予選全勝をキープした。

試合後、森保一監督は「経験の浅い選手たちが結果を出すのは成長に繋がり、チームにいい刺激になる」と話し、W杯予選7試合連続ゴールの南野は「チームの勝利に貢献できてうれしい。満足することなく、次に向けていい準備をしたい」と冷静に振り返った。

1ゴール1アシストの古橋は「結果を残せたのが嬉しい。チームの勝利に貢献できてよかった。(次の試合は)神戸でできますし、しっかり結果を残せるように頑張りたい」と笑顔を見せた。次戦、セルビアとのキリンチャレンジカップは、11日(金)19時25分キックオフ。フジテレビ系列で全国生中継される。(一部地域を除く)