渋野日向子は4つ下げて日本勢3番手の世界ランク25位に後退した。昨年12月7日付の全米女子オープン(4位、同10~13日)直前以来、約半年ぶりに東京五輪代表選出圏外となった。

 現在米ツアー転戦中で、前週のHSBC女子チャンピオンズ(シンガポール)は67位。今週はホンダLPGA(タイ)に出場と米ツアーを優先するため、ディフェンディング大会となるワールドレディスサロンパスカップは欠場する。五輪代表が決定する6月末までは米ツアーを転戦する予定。国内ツアーよりも得られるポイントが高く、活躍次第で古江を抜き返す可能性は十分ある。