16年リオ五輪の7人制ラグビー男子日本代表で主将を務めた桑水流(くわずる)裕策(35)が4日までにSNSで現役引退を発表した。「とても充実した、幸せな競技人生でした」と報告した。プロ選手として所属していたコカ・コーラが4月30日に、今年限りでの廃部を発表。「ミスターセブンズ」と呼ばれたベテランは去就を考えざるを得ない状況になっていた。7人制女子チーム、ナナイロプリズム福岡のヘッドコーチも務めており、今後は「より良いスポーツ環境を整えることに自分なりにどう貢献できるか模索中」としている。