「ソフトバンク6-4楽天」(4日、ペイペイドーム)

 首位攻防第2ラウンドはソフトバンクが快勝。このカード1勝1敗とし、首位楽天とのゲーム差を再び1とした。

 1点先制を許した直後の二回、中村晃の3号ソロで同点。さらに2死一塁とし9番・今宮が中堅フェンス直撃の勝ち越し三塁打を放ち、相手の中継ミスの間に生還。3点を奪った。

 さらに三回にも2安打1四球で1死満塁とし、甲斐の左前適時打、明石の右犠飛で2点を加え、楽天先発の岸をこの回限りでKOした。四回には柳田のこの日3安打目となる中前適時打で加点した。

 先発笠谷は5回4安打4失点。二回に茂木に先制ソロ、五回に村林の2ランなど3点を失い、2点差とされて降板。六回以降は盤石の継投策。高橋、津森、嘉弥真、岩崎と繋ぎ、最終回はモイネロが締めくくった。