運動通信社

Our Team

社員紹介

プロダクト開発2部 部長
開発ディレクター

今泉 佑規

前の会社では、何をしていましたか?これまでの経歴や経験など教えてください。

前職ではweb系の会社で開発ディレクター・PMとして新規事業立ち上げに関わっていました。
近年は新規事業の立ち上げに関わることが多く、BtoCのwebサービスの立ち上げを複数経験してきました。
同じことをずっとやっていると飽きてしまうので、短いスパンで様々なプロジェクトに関わってきました。
最初は金融系の営業からキャリアをスタートしているのですが、海外の旅行系会社に入ったりして放浪しながら徐々に営業職からディレクター職に軸足をずらしていき、現在に落ち着いています。

この会社に入ったきっかけ、魅力に感じた点を教えてください。

いちユーザーとして利用していたサービスであり、自分が好きなスポーツに関連する事業を行っていることに魅力を感じました。
特に甲子園は移動中に見ていたりしたので、社員として働けたら面白いだろうと思っていました。
また、サッカー経験者なので本田圭佑さんと一緒に展開しているサービがあるということも大きかったです。
NowVoiceには好きなプロレスラーも参画しているので、ミーハー心があったことは否定できません。
実際に社員として働いてみると、ミーハー心を抱く暇もないほどの毎日ですが、裁量、チャレンジの規模が大きく充実した毎日を過ごしています。

現在はどんな仕事に取り組んでいますか?やりがいはどんなところで感じますか?

主にNowVoiceと、新規事業の企画から開発の取りまとめを行っています。
開発の枠にとらわれず、企画段階からサービスに関われることに楽しさを感じています。
開発の視点を持ちすぎると、企画段階で無理だと諦めてしまったり、やりにくいと敬遠してしまったりするので、適度なバランスで頭を柔軟にしながら考えるように気をつけています。
そうやって試行錯誤しながら作ったものが形になり、ユーザーの手に届いた時は達成感を感じます。
それが良い評価を受ければ、より一層です。

この仕事をする上で最も大切にしていることは何ですか?

ユーザー視点を常に意識することを大事にしています。
モノづくりにはどうしても作り手の都合やエゴが見え隠れしてしまうので、ふと立ち止まってユーザーにとってはどの状態がベストなのかを考えるようにしています。
利用していただくユーザーがいなければ、そもそもビジネスとして成立しないので、重要な視点だと考えています。
もう一つ、自分自身が楽しいと感じているかも大事にしています。
1日のうちで、起きている時間の多くを費やす仕事の時間が、楽しいほど生きていて幸せだと思います。

どんな人と一緒に働きたいですか?あるいは、どんな理念を共有したいですか?

自分の意思を持ち、それを伝えられる人と一緒に働きたいです。
例え意見が食い違ったとしても、良いものを作りたいという共通理念があれば、それは前向きなぶつかり合いであり、むしろ必要なことだと考えています。
実際かなり細かい仕様一つの話でも、数十分議論することもあります。
そういったこだわりや熱意を持った人が活躍できる環境だと思います。
それと、フットサルチームを作ろうとしているので、経験者はきっと優遇されるはずです。(笑)

contact

お問い合わせ