8日、テニスは個人戦の男女決勝が行われ、男子シングルスは白石光(千葉・秀明大秀明八千代3年)が制し、ダブルス、団体と合わせて3冠に輝いた。卓球は男女のシングルス決勝が行われ、男子は昨年準優勝の戸上隼輔(山口・野田学園2年)、女子は野村萌(愛知・愛知みずほ大瑞穂3年)がそれぞれ優勝した。